ライフスタイル

令和元年 伊勢神宮を参拝 外宮~内宮編

伊勢神宮

こんばんは、ねこホリックです。
令和元年になり伊勢神宮に参拝してきました。
今日は外宮~内宮にかけてをまとめました。

伊勢神宮外宮へ

今回は近鉄で向かいましたので伊勢市駅で下車をし、そこから徒歩で外宮へ向かいました。
地元の方からは外宮さんと呼ばれています。

伊勢市駅下車後は外宮さんまでは徒歩数分で到着します。

豊受大神宮(とようけだいじんぐう・とゆうけ-)は、三重県伊勢市豊川町にある神社。伊勢神宮の2つの正宮のうちの1つである。一般には外宮(げくう)と呼ばれる。式内社(大社)。
出典:Wikipedia

朝の8時に到着しましたが既に少し人手がいつもより多いように思いました。
とても清々しい空気を感じてそこから内宮へバスで向かいます。

内宮までのバスは三重交通バスが外宮さんの信号の側にあり、本数もたくさんあります

バス料金

各種交通系ICカードも使用できます。

 

伊勢神宮内宮へ

バスはおはらい町の入り口付近に到着します。
地元の方からは内宮さんと呼ばれています。

皇大神宮(こうたいじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。伊勢神宮の2つの正宮のうちの1つである。一般には内宮(ないくう)と呼ばれる。式内社(大社)。
出典:Wikipedia

御即位奉祝舞楽

入ってすぐに御即位奉祝舞楽の舞台が設置されていました。
時間が決まっているようで参拝後に前を通った時は9時半くらいだったのですが、場所取りされている方もいらっしゃいました。

残念ながら見ることはできませんでしたが、とても鮮やかで美しい舞台でした。

御朱印

特別に御朱印場所が設置されていました。
既に列がありましたが並んで令和初の御朱印いただきました。

正宮

朝も早めでしたのでスムーズに参拝することができました。
いつ行っても空気が澄んでいて本当に気持ちが軽くなるような場所です。

おはらい町とおかげ横丁

観光の方でかなり混みあっていました。
まだ10時にもなっていないのに飲食店もお客さんでいっぱい!
お茶をしようにも待っている方がいてすぐに入れそうなお店は見つかりませんでした。

だいたい年に3回ほどは伊勢神宮含めおはらい町にも行きますが、今回はいつもより早く出かけたにも関わらず今までで1番混んでいました。

野あそび棚

お香など買い物を済ませ向かったのは赤福さんがされている野あそび棚さんへ。
松阪牛丼やてこね寿司などもいただけます。
駐車場に近く川沿いなのでロケーションの良さなどもお気に入りの1つ。
待ち時間は無しで入ることができました。

今回は11時前でしたのでそこまでお腹も空いていなかったため名物汁かけごはんをいただきました。

月替わりでお魚が変わるお出汁をかけていただくお茶漬けスタイルです。
甘めの調味料に大葉の香りがいい感じに効いていておいしくいただきました。

それと同時に注文してのが神馬(しんめ)という和菓子。

5月5日までのお菓子だそうです。
本来ならお抹茶が合うのでしょうが、実はお抹茶苦手で飲めません。
コーヒーにも合って、道明寺粉が使用されていて食感もよくさっぱりといただくことができました。

野あそび餅

野あそび棚さん前の広場では12時半から野あそび餅の販売がされます。
1時間以上前から並び始めていましたので食事後並んで購入。
3色の特別餅と赤福の4色展開のお餅です。

いろいろな味を食べることができるので飽きることなく食べれてしまいます。
1人5箱まで購入できるそうです。

野あそび棚さんの周辺には赤福のお茶屋さん、お菓子屋さんもあり休憩と食事とお土産を買うことが1度に済ませることができるのでとてもおすすめです。

まとめ

伊勢神宮は休日はとても混みあいます。
混雑を避けるためには少し早めの時間に行動するといいかと思います。

空気も綺麗で緑も多く人も暖かい、いつ行ってもまた来たいと思わせてくれる場所です。

GWもあと少し素敵な休日をお過ごしください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。