体験談

ペットショップとブリーダーさんどっちがいい?

子猫 ブリーダー

これから猫をお迎えしたい方、現在猫をお探し中の方。
今までペットショップとブリーダーさんからお迎えしたこれまでの実体験から、私なりに感じたことを書いていきます。

子猫 バンザイ

最初に大切なこと

まずは家族全員の猫を飼うということについての気持ちを聞かれたほうがいいかなと思います。
猫は人間のように言葉が話せないため育てることが大変な猫ちゃんも存在しています。
(現にうちのここも結構大変な子なんです)。
家族の協力が必要なんですね。

お迎えした後にやっぱり飼えない、という悲しいことが起こらないように事前にリサーチなどされることをおススメします。

ペットショップ

ほとんどの子をペットショップからお迎えしています。
というのも幼少期より祖父の動物好きが高じて、生き物は全てペットショップよりお迎えしていたということが大きいかもしれません。

前の子のお迎え経験は

私と妹
私と妹
茶色のアメショーが欲しい!

と言い出したのは私と妹でした。

その当時は祖母もおりましたので祖母も大賛成!父ももちろん大賛成!
反対したのは母だけでした。
理由は

母
お世話も大変で亡くなった時にまた悲しいから

これはよく分かります。
が結局賛成勢力に押されるようにアメショーのブラウンタビー探しが始まりました。

ペットショップへ電話をかけ探し周りましたがブラウンタビーはすぐには見つからず、ショップさんが探してくださり系列店で見つかりました
すぐに見に行きましたが、ここで重要なのは相性です。
見た目は子猫ながら自分たち家族とのフィーリングが大切ですよね。

結局そのブラウンタビー(せんべい)に惚れ込んだ私たちはその日のうちにお迎えすることになりました。
今とは違いチップなども必要ありませんでしたし、1回だけワクチン接種済でしたのですぐに受け渡しいただきました。
何より抱っこをしたせんべいは離れてくれず、そのまま抱っこをする形で車に乗り込んだことを覚えています。

ペットショップの場合気になるのは衛生面かと思います。
現に残念ながらあまり衛生面がよろしくないショップさんも存在しています。
可愛さだけで選ぶことは控えたいですね。

ペットショップの良さ
・系列店であれば欲しい猫を探してもらえる。
・予防接種など健康診断済
・目で見て触れることができる

ブリーダーさん

今の ここ はブリーダーさんからお迎えしています。
せんべいが亡くなり、家族(特に父と母)が落ち込む毎日が続いていました。

心理カウンセラーの友人にも相談しましたが、もし可能であれば新しい子を迎えることを考えてみること。特に高齢者はペットはとてもいい影響があるから。と助言をもらいました。

ねこホリック
ねこホリック
新しい子を迎えようよ!私も協力するから

と提案すると父と母は嬉しそうにしていました。

その日から猫探しが始まりました。
今回は保護猫ちゃんをお迎えしようかという話も出ていましたが、せんべいを迎える時に反対していた母も最後にはせんべいが大好きで、次もできたらアメショーがいいということになりました。
大切な家族の一員になるので、母の意見を尊重することにしました。
そのためペットショップかブリーダーさんに絞りました。

母の実家の前がブリーダーさん宅だったこともあり、予約をして見に行きました。
生後2か月ほどのアメショーも3匹ほどいましたが、フィーリングの合う子がいなかった中、生まれたばかりの生後2週間くらいのスコティッシュフォールドを見せてもらいました。

その中の1匹が今のここです。
5匹くらいいたのですが、親ばかになりますがずば抜けて可愛かったのです。
アメショーを欲していた母も急にスコ推しに!
その日はそのまま帰り、また2週間後に行き ここ に決めてお迎えの日を待ちました。

猫 
アメリカンショートヘアとスコティッシュフォールドと暮らして感じたこと今日は夕方から猫とまったり過ごした、ねこホリックです。 アメリカンショートヘアとスコテッィシュフォールドと実際に暮らした体験談をま...

ここのお迎えを決めたブリーダーさんを選んだ理由としては

育った環境、生まれてからの飼育方法が明確であったこと
洋猫のデメリットもきっちりと話してくださったこと
近所ゆえいまだにブリーダーさんとお付き合いがあり信頼できること

以上が主な理由です。

ブリーダーさんの良さ
・同時に生まれる子がいるため選ぶことができる
・目で見て触れることができる
・予防接種など健康診断済

みんなの子猫ブリーダー

私は今回みんなの子猫ブリーダーというサイトを通して ここ を迎えることができました。
こちらのサイトは全国のブリーダーさんを検索することができ、その都度生まれたばかりの子を探すことができます

県別、猫種別で検索ができるので洋猫をお求めの方は一度見てみてもいいかもしれません。

こちらのサイトを利用して良かった点があります。

出典:『みんなの子猫ブリーダー』サイトより

引き渡し日から1か月の無料ペット保険がついてきますが、こちらを使うことができました。

迎えてすぐに涙が止まらなかった ここ を病院に連れて行き診察を受けましたが、結膜炎だったため保険適用となりました。
保険の件で電話で問い合わせした際も、担当の方はとても感じがよくすぐに対応していただけました。

たくさん猫ちゃんが掲載されているので見ているだけでも嬉しくなるサイトです。

まとめ

ペットショップもブリーダーさんからでもお迎えすることには変わりはないので、信頼できる所からお迎えされるといいかと思います。
どちらの場合も高額になりますが、ペットショップの場合は必要かどうか分からない保障なども生じてきます

猫が欲しいけどどんな猫がいいのか分からない、探して欲しい!という方はペットショップをおススメします。
欲しい猫の種類が決まっていて、その中から合う子を見つけたい!という方はブリーダーさんをおススメします。

その他にも保護猫ちゃんなど猫との出会いはたくさんあります
最終的にはフィーリングが合う子を長く可愛がってあげることができるのが1番ですね。
素敵な猫ちゃんとの出会いをお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こんな記事もおすすめ